経営者の方へ

労働関連法規について

労働基準法をはじめとする日本の労働関連法規は、制度の沿革からみても、比較的に労働者の保護を手厚くする設計になっているといえます。

そのため、会社側としては、労働者から未払い賃金の請求をされたり、解雇の正当性を争われたりすると、思いのほか大きなダメージを受ける結果になることもあります。例えば、問題社員がいたとしても、すぐに辞めさせることはできず、無理に解雇してしまうと労働紛争に発展し、かつ、解決までの間、労働の有無に関わらず、賃金の支払義務が発生してしまうなどということもありえます。特に、近年では、いわゆるブラック企業が問題となり、実際には会社経営に問題はなくとも、SNS上などで拡散されてしまった結果、会社に対する信用が大きく損なられる危険もあります。

会社経営者の皆様にとっては、事前の対策はもちろん、仮にトラブルが発生してしまった場合には迅速な対応をとりうる体制を整えておく必要があり、労使問題によるリスクを避けるためにも労働関係の法令を理解し、日頃から労務管理をしっかりとしておくことが重要になります。

経営者の方へのサポート

当法人では、労使問題にお悩みの経営者の方が安心して会社経営に臨めるようにバックアップさせていただくための法的サービスをご提供させていただいております。

①顧問契約による継続な経営サポート
もちろん、案件ごとの単発のご相談、ご依頼も歓迎しておりますが、弁護士が会社の軽々状態、社風なども把握させていただき、よりよい解決策をご提案させていただくためには、顧問契約をお勧めしております。顧問料の範囲内で、会社経営の様々なお悩みに対応させていただきます。

②労使紛争の予防
労働関連法規に関する知識を基に、会社経営上、問題になりやすい事項について、積極的に助言させていただき、労使紛争の予防に努めております。令和2年4月に民法の大改正が行われたこともあり、法改正に対応した経営を行うことが紛争の予防に重要です。

③紛争対応
いくら紛争予防に努めていても、紛争に発展してしまった場合はどうしても生じてきます。その場合でも、労働者側との交渉、労働審判、訴訟等の手続きを通じて、個別の法的紛争に対して、迅速かつ適切な解決に向けた助言をさせていただきます。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、
労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません