建設業・リフォーム業

1 建設関係会社が注意すべきこと

建設関係会社が注意しなければならない法律は多岐にわたります。取引先や施主との関係で、一般的な取引原則を定める民法や商法が関係してきます。従業員との関係では労働法も遵守しなければなりません。行政との関係では建設業法にも精通していなければなりません。

また、多数の利害関係人(取引先、施主、元請け、下請け、従業員、行政等)が存在するため、それぞれとの関係でトラブルが生じる可能性があります。例えば、作業中の事故が発生してしまったり、工作物に瑕疵が見つかってしまったりすることがあります。その際は、誰が、誰に対して、どの程度の責任を負わなければならないか等、困難な問題に直面することがあります。他にも、建設業界は慣習で取引をしており、一々契約書を作成しないというようなこともあるため、トラブルの際の詳細な解決法が事前に定まっておらず、紛争が激化するということもあり得ます。

このように、建設業界の会社は、精通しておかなければならない法律が多数あり、また、様々なトラブルが発生することが予想されます。

2 弁護士にご相談ください

建設業界にまつわる法律やトラブルに対応するためにも、建設業界に明るい弁護士にご相談されることをお勧めいたします。弊事務所は、多数の企業案件を取り扱って参りましたが、建設関係の企業案件も多数対応してまいりました。

もちろん、労使トラブルや賃金問題など、一般的な労務問題についても、豊富な実績があります。

全国に支店のある弊事務所だからこそ、弁護士に知識や経験を結集し、事案に応じた適切なご提案をさせていただくことができます。

建設関係会社において、現にトラブルに巻き込まれている方、未然にトラブルを予防したい方、コンプライアンスに注力したい方等、様々なニーズにお応えすることが可能ですので、ぜひ一度ご相談ください。

企業側人事労務に関するご相談

初回30分電話・来所法律相談無料

顧問契約をご検討されている方弁護士法人ALGにお任せください

土日祝日・年中無休・24時間電話受付中

※会社側・経営者側専門となりますので、
労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません

会社側・経営者側専門となりますので、労働者側のご相談は受け付けておりません