弁護士 伊東 香織のプロフィール

弁護士 伊東 香織のプロフィール

弁護士 伊東 香織

「クライアントの思いに寄り添い、最大限の納得感が得られるよう努力」

弁護士 伊東 香織Kaori Ito

神奈川県弁護士会所属

弁護士 伊東 香織からのメッセージ

私は、学生時代に交通事故に遭い、原告として刑事裁判と民事裁判に臨んだ経験があります。

その過程において、裁判に臨む者は、量刑や補償等だけでなく、真実を知りたい、相手が真摯に反省をしてほしい、また、自身の苦しみを分かってほしい等様々な思いを持つことを身をもって体験しました。特に、民事裁判では、書面提出を元に弁護士同士の話し合いで進んでゆくことも多いので、代理人である弁護士の役割は大きくなります。

私は、この自分の経験から、弁護士は、事実を明らかにしてゆくことは勿論ですが、クライアントの方が、真に相手に訴えたいことを正確に吸い上げ、その思いに寄り添いつつ、相手にしっかりと代弁してゆくことが大切であると考えています。そして、クライアントが納得感を最大限に得られるよう努力し活動できる弁護士になれるよう、今後も努力を続けていきたいと思います。

「生まれ育った横浜や神奈川県をホームグランドに社会に貢献したい」

私は横浜市で生まれました。父の仕事の都合により一時期海外で生活することはありましたが、横浜市で育ち、横浜の大学で学びました。そのため、生まれ育ったふるさと横浜に愛着を感じています。横浜のお役に立ちたい思いも強く、当地で働くことは自然の成り行きでした。幸いにも横浜市の弁護士事務所で働くことができたので、横浜市、ひいては神奈川県をホームグランドに微力ながら社会に貢献して参りたいと思っています。

人となり

学生時代の部活

陸上部

感銘を受けた書籍

サピエンス全史

人生の目標

悔いなく生きる

座右の銘

明日があるさ
弁護士 伊東 香織

経歴

  • 横浜市立大学
  • 早稲田大学 法科大学院

「信頼にお応えするよう真摯に取り組み、分かりやすくご説明」

弁護士は、クライアントから委任を受け、代理人として業務に当たるので、その信頼にお応えするよう真摯に取り組んでいます。

多くの法律専門用語があり、司法の場において法曹同士は専門用語で議論を戦わせて行くのですが、クライアントの方々にはなじみのない言葉も多くあります。そのため、皆様が分かりやすい言葉で丁寧にご説明を行うことを心がけています。また、クライアントの方々は、話がどのように進んでいるのかを一番知りたいわけですから、司法の場での進展について、タイムリーにフィードバックすることにも気を配っています。

「クライアントの方の笑顔」

私が、弁護士として働きがいを感じるのは、事件が終了したときに、クライアントの方が笑顔になるのを見たときです。

多くの方が、最初のご相談時には、紛争に直面し、今後の不安や心配から、緊張した面持ちでいらっしゃいます。

しかし、私たちがお手伝いをさせていただく中で、声のトーンや会話量に変化があり、最終的に事件が終了するころには、最初のご相談時とは全く違う笑顔になったのを見ると、次のスタートに向け前向きな気持ちになるお手伝いを少しでもできたのではないかと感じるからです。

今後も、一人でも多くの方に前向きな気持ちで新たなスタートを歩みだすお手伝いができるよう、日々精進していきたいです。

「法律問題解決の強い味方、法律事務所をもっと気軽にご活用下さい。」

一般の方にとって法律事務所や弁護士はなじみがなく、とっつきにくい存在に映っているのではないかと思います。法律の専門用語も多く、弁護士に相談することには勇気がいることかもしれません。

しかし、私たち弁護士は法律のプロとして法律問題解決の強い味方です。紛争を未然に防ぐためのアドバイスをしたり、重大な事態になることを防ぐために活動することをしたりすることができます。

重大な問題から小さなトラブルまで幅広くご相談に応じておりますので、ちょっとした風邪でも病院に行くように、気軽に法律事務所尋ね、ご相談していただければと思います。

弁護士 伊東 香織