今後の監督体制の整備、更生可能性などを主張し不起訴処分に至った事例

今後の監督体制の整備、更生可能性などを主張し不起訴処分に至った事例

依頼のタイミング:
逮捕後
勾留前
事件・罪名:
公然わいせつ
結果:
不起訴処分

事件の概要

ご本人(20歳、フリーター)がコンビニでレジに並んでいるときに女性店員に対して、陰部を露出したところ、女性店員は驚いた様子であったものの、その場で特に何事もなく、ご本人はその場を立ち去りました。しかし、その後、被害届を出され、防犯カメラの映像から逮捕された事案。

弁護士方針・弁護士対応

当番弁護士の接見要請があり、逮捕翌日に接見。ご本人の収入状況から被疑者援助制度を利用して受任しました。
本人は相当反省している様子でしたが、聞き取りに結果、余罪が多数あることが発覚し、検察官の心証としては起訴する可能性もあるという状況でした。
そこで、ご本人が若年であることもあり、今後の監督体制の整備、更生可能性などを主張するとともに、被害者である女性との示談も進め、不起訴を目指す方針としました。

弁護士法人ALG横浜法律事務所・刑事事件担当弁護士の活動及び解決結果

ご両親が今後のご本人の監督を誓約する書面を作成するとともに、アルバイト先の店長さんが今後もご本人が勤務することを許可し、店長としてできる範囲でご本人を監督することを約束する書面の作成に協力してくれたことから、家庭環境、職場環境双方で監督体制の整備されていることを主張しました。
また、ご本人には、性犯罪を繰り返さないためのセミナーの受講や書籍を読んでみることを提案し、ご本人から再発防止のためにセミナー受講等を含めた反省文を作成しました。
示談については、女性側の希望で会うことはできませんでしたが、示談金を準備し、示談を試みた経緯を書面にして提出しました。
余罪が多数あった事案ではありましたが、前科等がなかったこともあり、結果的には、不起訴処分となりました。

刑事事件 解決事例一覧 刑事事件ページに戻る