弁護士 山本 真司のプロフィール

弁護士 山本 真司のプロフィール

弁護士 山本 真司

法律という専門知識でトラブルが解決した先の人生をご提案していきたい。

弁護士 山本 真司Shinji Yamamoto

神奈川県弁護士会所属

弁護士 山本 真司からのメッセージ

私は、弁護士という肩書それ自体ではなく、その肩書を使ってどのような仕事をするのかが大事だと思いながら日々の業務を行っています。

そして、ご依頼者様が抱える悩みに対して、法律という専門知識を使って、解決のための橋渡しをさせていただくことが弁護士の役目であると考えるようになりました。

ALG横浜支部で私が担当する事件についても法的なトラブルを単に解決するだけではなく、どのように解決するのかについてもご依頼者様の立場になって検討し、トラブルが解決した先のご依頼者様の人生がより良いものになるようなご提案させていただくことを心がけているところです。ご依頼者様のお悩みは似たような事案であってもお箸を丁寧に聞かせていただくとやはり千差万別です。ご依頼者様がより良い形でトラブルの解決した後の人生を送るためにはそれぞれに適した解決のための橋づくりをしなければなりません。

  

弁護士としてご依頼者様のトラブルの解決前と解決後の橋渡しをさせていただき、その橋を渡った後に依頼してよかったと思っていただけるようにこれからも日々の業務の全力を尽くしていきます。

地元に密着し、ご依頼者様との信頼関係を築いていきたい

私は、弁護士として自分が勤務する地元に密着し、ご依頼者様の信頼関係を築きながら日々の業務を行い、ご依頼者の事件一つ一つを大切にしていきたいと考えています。

  

現在、弁護士の大半は東京の弁護士会に所属している状況ですし、事務所の数も圧倒的に多いといえます。横浜市、神奈川県にお住まいの方でも東京の事務所のご依頼されるケースも多くなると思います。

  

しかし、弁護士と一緒にトラブルの解決の向き合っていく上ではその弁護士との信頼関係が何よりも重要となっていきます。事件の話ばかりではなく、時にはご依頼者様の住んでいる地域のお話など雑談をさせていただくことで信頼関係は深まっていくこともあります。相談に来られたトラブルのみならず、ご依頼者様が抱える様々な背景事情にまで視野を広げて丁寧にお話を聞かせていただきながら一緒にトラブルの解決に向き合っていきたいと思っております。

人となり

学生時代の部活

サッカー部

趣味・特技

スポーツ観戦・サイクリング

人生の目標

変わることを恐れず、常に新しいチャレンジをすること

座右の銘

笑う門には福来る
弁護士 山本 真司

経歴

  • 早稲田大学 法学部
  • 早稲田大学 大学院 法務研究科

弁護士への相談することは敷居が高いものではないと感じてもらえるようにしたい

弁護士の資格をもっていると仕事上、「先生」と呼ばれるようになります。そのような環境のせいか多くの方にとって、弁護士に相談することは敷居の高いものであって、勇気を出して相談したとしても些細なことは弁護士に話すようなことではないと遠慮してしまうことも多いのではないかと思います。

私は、相談に来られた方、依頼していただいた方に対して、できる限り専門用語は使わず、分かりやすい説明をするように心がけています。また、打ち合わせをする時には私の話の間を割って質問をしてくれても問題ないし、些細なことでも遠慮せず話してもらいたいと伝えるようにしています。そのようなやり取りを重ねることで弁護士と話をするということは特別なことではなく、トラブルを解決するために必要なことなのだと感じていただきたいです。

一つ一つの事件が無事に解決に至った時にはやりがいを感じます。

弁護士が扱う事件には当然、規模の大小はありますし、解決の方法も交渉、調停、訴訟と様々です。しかし、どの事件もご依頼者様にとっても大きな一件であって、その一件の解決のために私にご依頼いただいているということを考えると身が引き締まる思いです。

そして、事件が無事に解決に至り、ご依頼者様の安心した表情を見たり、感謝のお言葉いただいたりするとやはり非常に充実感を感じます。複雑な事情の絡んだ訴訟であっても軽微な物損の示談交渉であってもご依頼者様の悩みを抱えた末に弁護士事務所へ依頼をすることに変わりはありません。ご依頼者様の要望を聞き、自分の経験や知識を総動員して主体的に事件を解決に導いていけることが一番のやりがいです。

「まずは自分でやってみよう」を疑ってみてください。

私に法律相談を聞きに来られた方の中には今日聞いた話を踏まえてまず自分でやってみますと話されてお帰りになる方もいらっしゃいます。もちろん、相談の内容次第では弁護士からある程度の見通しなどを聞いておけば自分で対応可能などもあります。

しかし、多くの場合、自分でやってみたとしても納得いく解決に至ることはそれほど多くないと思いますし、ALG横浜支部でも自分でやってみたがダメでしたということで再相談に来られることは多いです。

ここで重要なのは再相談したり、後日弁護士に依頼したりするときに当初よりも状況が悪化していないかどうかです。弁護士が事後的に介入してもどうしもないような事態というのは少なからずあります。弁護士に相談するということは決して難しいことではなく、敷居の高いものではありませんので、自分でやってみようを疑ってまず一度相談にいらしてみてください。

弁護士 山本 真司