横浜支部長 弁護士 沖田 翼のプロフィール

横浜支部長 弁護士 沖田 翼のプロフィール

弁護士 沖田 翼

「困っている」・「助ける」をなるべく既存の弁護士像から広げて解釈し、実践できる弁護士を志しています。

横浜支部長

弁護士 沖田 翼Tsubasa Okita

横浜支部所属 所属弁護士会:神奈川県弁護士会

横浜支部長 弁護士 沖田 翼からのメッセージ

弁護士業は、「困っている人を助ける仕事」です。

弁護士業は、「困っている人を助ける仕事」です。どのようなことをもって「困っている」とするか、「助ける」をどう定義するかは、各弁護士の人生観によって定義づけられているのではないかと思います。私は「困っている」・「助ける」をなるべく既存の弁護士像から広げて解釈し、実践できる弁護士を志しています。

そのために私は、問題解決能力の陶冶と、ご依頼者からの信頼獲得の2点を重視し、一つ一つの案件について、ベストな解決を目指して参ります。

問題意識を共有しながら進めることを心がけています。

弁護士がご依頼者を置いて、事件進行に没入するというやり方は、弁護士の一つの在り方なのかもしれません。しかし、私は、ご依頼者に、問題意識を共有しながら進めることを心がけています。弁護士がお預かりしている事件は、弁護士のものではなく、ご依頼者本人の事件にほかならず、ご依頼者本人が自身の紛争について正確な理解をしていないという状況では、真にご依頼者の利益となる解決はできないと考えているからです。

人となり

学生時代の部活

人形劇/演劇

感銘を受けた書籍

「死の跳躍」を越えて 西洋の衝撃と日本

人生の目標

伝承

座右の銘

涓滴
弁護士 沖田 翼

経歴

  • 同志社大学 法学部 政治学科
  • 同志社大学 法科大学院

弁護士として働きがいを感じる瞬間

お客様から感謝をされるときにやりがいを感じます。

法的にも難しい論点を含み、事実関係でも難しい案件において、無事解決し、お客様から感謝をされるときです。

報酬をいただき、感謝もされ、弁護士としてやりがいを感じる瞬間です。

問題解決のためには「お早めのご相談」が重要です。

ALG横浜支部では、横浜市をはじめ、神奈川県内にお住まいの方からのご相談を広く受け付けております。また、神奈川県の近接都道府県にお住いの方からのご相談も対応可能です。さらに、神奈川県から遠方の地にお住まいの方で、神奈川県内の裁判所に係属した事件についてお悩みの方も、電話相談が可能です。

お悩みごとをご自身で抱え続けることは、精神衛生上良くないですし、お悩みごとをそのままにすることによって、事態が悪化することもあります。弁護士は、司法書士や行政書士とは違い、法律問題やこれに関連する問題を広く取り扱うことが認められ、その分、ご相談可能な範囲も広い立場にあります。

法律問題に関してお悩みの方は、是非一度、ALG横浜支部にご相談ください。私たちが持っている知識や経験を結集し、アドバイスや案件解決のお手伝いをさせて頂きます。

弁護士 沖田 翼